自分なりにジュビロ磐田を応援する(他のスポーツにもちょこちょこ手を出す)マユ太郎さんのブログです。


by mayu-tarou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

一寸先は闇

【F1・ROUND3 オーストラリアGP】
優 勝   F.アロンソ (ルノー)
2 位   K.ライコネン (マクラーレン・メルセデス)
3 位   R.シューマッハ (トヨタ)
―――――――――――――――――――――――
7 位   R.バリチェロ (ホンダ)
10位   J.バトン (ホンダ)
12位   佐藤 琢磨 (スーパーアグリ・ホンダ)
13位   井出 有冶 (スーパーアグリ・ホンダ)
リタイヤ J.トゥルーリ (トヨタ)

とりあえず、バトンっしょ!?

グリットにつく直前にモントーヤがスピンして
フォーメーションラップ1回やり直して
スタート直後にクラッシュあって、セーフティカー入って
リスタートでアロンソに抜かれて、さらにでライコネンに抜かれて、
マシンの調子が悪いのか、タイヤがあったまんないのかペースあがらず。
なんとか5位チェッカーを受けようとした最終コーナーでエンジンブロー!!
フィニッシュライン150m手前でストップ…

いつも暑いアルバートパークは雨こそ降らなかったものの予想以上に寒く、
各チーム、タイヤバランスに苦しみ…
4回もセーフティカーが入って、リタイヤ9台。
その中には、モントーヤ(電気系トラブル)・ミハエル(単独クラッシュ)、
地元ウェーバー(トランスミッション)も。
波乱も波乱、大混乱。
そんな中、スーパーアグリは2台ともに完走。井出くんは、ついに初チェッカーです。
琢磨は今回も堂々と勝負をしてくれたし、ますますニューマシンが楽しみ。

ファン的にはホンダは残念だったけど、
レース的には、おもしろいレースでした。
次からはヨーロッパラウンド。ガンガン連戦が続きます。
[PR]
by mayu-tarou | 2006-04-03 14:48 | F1