自分なりにジュビロ磐田を応援する(他のスポーツにもちょこちょこ手を出す)マユ太郎さんのブログです。


by mayu-tarou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

歓喜と涙のブラジルGP

【F1・ROUND18 ブラジルGP】
優 勝   F.マッサ (フェラーリ)
2 位   F.アロンソ (ルノー)
3 位   J.バトン (ホンダ)
――――――――――――――――――――――――
4 位   M.シューマッハ (フェラーリ)
7 位   R.バリチェロ (ホンダ)
10位   佐藤 琢磨 (スーパーアグリ・ホンダ)
16位   山本 左近 (スーパーアグリ・ホンダ)
リタイヤ J.トゥルーリ (トヨタ) 
リタイヤ R.シューマッハ (トヨタ)

結論から言うと、“これで良かったんだ”と
思えるような結果じゃないかというふうに感じます。
地元、マッサの優勝でのGPの高揚感、
若手アロンソの2年連続チャンプ獲得。
3位にもホンダが入り(これは日本人思考?^^)
スーパーアグリも2台完走(これは日本人思考)。
ラップタイムが上から下まで接近していたというレースのおもしろさ。
そして、バースト等トラブルが続くも
最後まで鬼神のごとく猛烈にプッシュし続けたシューミのラストラン。

これで泣かずにはいられようか…

世代交代がこんなにもハッキリした形で行われた事に
すがすがしさを覚えます。
おもしろくて歴史に残るレースでした。


お疲れ!

ミハエル・シューマッハ!!
[PR]
by mayu-tarou | 2006-10-27 16:01 | F1